高齢化が進む現在、医療機関と患者さんが親密にコミニュケーションを取ることは21世紀に向けた大きな課題であると思っています。教育、医療、福祉の3本の柱で構成されている当グループは、お互いが密に連携をとりながら地域医療に積極的に参加し、よりよい環境作りに邁進したいと思います。IT環境が整い、すべてのデータがコンピューターで管理されるようになった現在でも、私たちが担当する分野では「人と人とのコミニュケーション」がもっとも大事な部分であると思います。最先端の技術や機械を駆使しながらも、この優しさのコミニュケーションを大事にしたいと思っております。